文学

「誰かの腕」

村上春樹の短編に蛍と言うものがある。その短編が収録されている短編集の要約?に魅かれて買った。よく思い出せばわかったものなのだけれど、実はこの蛍という短編はノルウェイの森の一部の丸写しであった。読んでいてそれに気付いてから何か違うのかなと期…